· 

ダイアモンド富士☆石割山

富士山山頂には雲が多い一日。どうなることかと思いながらの登山でしたが太陽がなんとか現れてくれましたー!

集合後はさっそくうどん屋さんへ☆富士吉田と言えばB級グルメの吉田のうどん。

数あるうどん屋の中でも私ガイドお勧めのうどん屋さんへ~。週末となればいつもよりも行列ができますので開店前から並びました。

 

個人的にはここの「ちく天」がお気に入り。それに半熟味付け卵。んー美味(笑)。

 

その後は北口本宮浅間神社へ参拝です。富士講の話、神社の説明を交えながらじっくり参拝させて頂きました。

そしていよいよ石割山へ向かいます。

ここは山の中に立派な石割神社があります。その登り始めは階段。ここの階段、いきなりすごーく長いのです。

上がみえない。。。(笑)。知らずに来ると途中で挫折するかもしれませんね。

 

403段の階段を登り切り、さらに石割神社への参道が続きます。

そしてどどーんと山中に現れる石割神社。

ここは天岩戸のお話に出てくる岩戸だという説があり、主祭神は天手力男命(アメノタヂカラオノミコト)。

 

▼天岩戸伝説

(略)。。太陽神であるアマテラスさまが天岩戸にお隠れになってしまい、世の中は真っ暗になってしまいました。

困った神様たちは何とかアマテラスさまが岩戸から出てきてくれないかと知恵を出し合いその扉の前で宴会をすることにしました。

盛り上がればアマテラスさまも気になって出てきて下さるかも、という作戦です。

作戦通り外の騒がしさが気になったアマテラスさま、ちらっと岩戸の扉を開けました。そしてその時、力持ちの神様「天手力男命」の出番です。すかさずその思い岩の扉をつかみ、投げて扉を開けアマテラスさまが出てきて下さり、また明るい太陽の世界に戻りました。。

 

その神話に出てくる岩戸がこの石割神社の背後にそびえる岩とのこと。立派です。

山頂には少し早めの到着。太陽は傾きかけていましたがまだ時間に余裕があったので、のんびりお茶タイム(^^♪

そこまで風も強くなく予報よりも寒くなく助かりました。

 

到着時にはとてもにぎわっていた山頂でしたが、しばらくしたら皆さん下山を開始。ダイアモンド富士待ちは我々のみ。

 

雲がどこかに行ってくれないかとやきもきしながらスタンバイ。

雲が多いながらもなんとかダイアモンド富士☆!!

ダイアモンド富士はいつ見ても感動ですね。。

 

直前に2名程が山頂に現れ結局我々と彼らの貸し切り。贅沢です、、

山頂から沈む太陽を最後まで眺め、我々も下山開始。

下山しながら富士山と雲と夕日。そして振り返ると月が登ってきて、本当に幻想的でしたね。

 

ご参加の皆様ありがとうございました!!

 

この後今年度最後のツアーのダイアモンド富士竜ヶ岳は12月19日-20日です。

 

現時点でツアーは催行決定しております。

 

自車でお越しで現地集合をご希望の方がいらっしゃいましたら是非ご連絡下さい~。

 

Mountain Trekking Guide Soleil (ソレイユ)

登山ガイド・スキーガイド

林 智加子